他球団スコアラーが笑った巨人新助っ人2人の実力

公開日: 更新日:

 今年の巨人は、新助っ人が2人。先発候補のクリス・セドン(30)と、外野のレギュラー候補のレスリー・アンダーソン(31)が加入した。

 昨年の韓国プロ野球最多勝のセドンには「掘り出し物」という声が上がった。この日のシート打撃では打者6人に対して2奪三振。視察した中日の筒井スコアラーが言う。

「193センチと長身でリーチがある上、球持ちが長い。球速が140キロ台半ばでもタイミングが取りにくい投手という印象。制球力がある方ではないが、低めを意識して投げている。スライダーやチェンジアップを低めに集めてゴロを打たせるタイプ。ブルペンでは目立たなくても、実戦向きの投手ではないか。長身左腕は日本には少ない。きれいな球ではなく、ぐちゃぐちゃしているので、厄介かもしれません」

 キューバ出身のアンダーソンは1番打者としても期待されるが、橋上打撃コーチは「これから実戦だから、まだ早急かもしれないけど、見ての通り、可もなく不可もなくといったところ」という慎重な評価。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る