日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他球団スコアラーが笑った巨人新助っ人2人の実力

 今年の巨人は、新助っ人が2人。先発候補のクリス・セドン(30)と、外野のレギュラー候補のレスリー・アンダーソン(31)が加入した。

 昨年の韓国プロ野球最多勝のセドンには「掘り出し物」という声が上がった。この日のシート打撃では打者6人に対して2奪三振。視察した中日の筒井スコアラーが言う。

「193センチと長身でリーチがある上、球持ちが長い。球速が140キロ台半ばでもタイミングが取りにくい投手という印象。制球力がある方ではないが、低めを意識して投げている。スライダーやチェンジアップを低めに集めてゴロを打たせるタイプ。ブルペンでは目立たなくても、実戦向きの投手ではないか。長身左腕は日本には少ない。きれいな球ではなく、ぐちゃぐちゃしているので、厄介かもしれません」

 キューバ出身のアンダーソンは1番打者としても期待されるが、橋上打撃コーチは「これから実戦だから、まだ早急かもしれないけど、見ての通り、可もなく不可もなくといったところ」という慎重な評価。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事