投げ込みたいマー君をじらす首脳陣からの「ダメ出し」

公開日: 更新日:

「こういうもんだな、と思ってやっていくしかないですよね」

 キャンプイン以来、ヤンキースの田中将大(25)が自らに言い聞かせるように連日、こうボヤいている。日本のプロ野球のような「投げ込み」が許されないからだ。

 メジャーのキャンプでは基本的に、投手コーチが見ている場面以外の投球練習が認められない。球数も徹底して管理される。特にキャンプ序盤はその傾向が顕著で、ブルペン投球は多くても3日に1度。球数も30球程度に制限される。

 田中はキャンプ地入りして以降、この日(日本時間18日)までの7日間で、ブルペンに入ったのはわずか2度。球数は23球、32球の計55球だ。楽天時代の1回の投球練習の球数にも満たないとあって、ストレスがたまるようなのだ。

 日本人投手がメジャーで最初に戸惑うのが投げ込みの少なさ。誰もが通る道とはいえ、田中はただでさえ肩やひじができるのに時間がかかるタイプだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る