日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投げ込みたいマー君をじらす首脳陣からの「ダメ出し」

「こういうもんだな、と思ってやっていくしかないですよね」

 キャンプイン以来、ヤンキースの田中将大(25)が自らに言い聞かせるように連日、こうボヤいている。日本のプロ野球のような「投げ込み」が許されないからだ。

 メジャーのキャンプでは基本的に、投手コーチが見ている場面以外の投球練習が認められない。球数も徹底して管理される。特にキャンプ序盤はその傾向が顕著で、ブルペン投球は多くても3日に1度。球数も30球程度に制限される。

 田中はキャンプ地入りして以降、この日(日本時間18日)までの7日間で、ブルペンに入ったのはわずか2度。球数は23球、32球の計55球だ。楽天時代の1回の投球練習の球数にも満たないとあって、ストレスがたまるようなのだ。

 日本人投手がメジャーで最初に戸惑うのが投げ込みの少なさ。誰もが通る道とはいえ、田中はただでさえ肩やひじができるのに時間がかかるタイプだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事