投げ込みたいマー君をじらす首脳陣からの「ダメ出し」

公開日: 更新日:

「こういうもんだな、と思ってやっていくしかないですよね」

 キャンプイン以来、ヤンキースの田中将大(25)が自らに言い聞かせるように連日、こうボヤいている。日本のプロ野球のような「投げ込み」が許されないからだ。

 メジャーのキャンプでは基本的に、投手コーチが見ている場面以外の投球練習が認められない。球数も徹底して管理される。特にキャンプ序盤はその傾向が顕著で、ブルペン投球は多くても3日に1度。球数も30球程度に制限される。

 田中はキャンプ地入りして以降、この日(日本時間18日)までの7日間で、ブルペンに入ったのはわずか2度。球数は23球、32球の計55球だ。楽天時代の1回の投球練習の球数にも満たないとあって、ストレスがたまるようなのだ。

 日本人投手がメジャーで最初に戸惑うのが投げ込みの少なさ。誰もが通る道とはいえ、田中はただでさえ肩やひじができるのに時間がかかるタイプだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る