日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「20勝くらいは…」 初ブルペンのマー君に女房役から“先制パンチ”

「力を入れずに投げていたが、凄くいい球ばかり。今朝は寒くて(朝の気温は12度前後)、風も強かったけれど、スプリットも落ちていたし、直球も走っていた。まだ自分は田中のことをよく知らないけれど、春季キャンプは長い。これからもっと彼の情報を集めたい。彼の表情を見ると、自信がみなぎっている感じがするしね。楽しみだよ」

 こう言ったのはヤンキースの2番手捕手・セルベリ(27)。昨季、黒田ともバッテリーを組んだ女房役がこの日、米フロリダ州タンパのキャンプ施設で投球練習を始めた田中将大(25)の球を受けた感想だ。

 田中がマイナーの球場に姿を現したのは現地時間午前9時過ぎ。グレーの半袖Tシャツとハーフパンツというラフな格好でキャッチボールを始めると、肩が温まった頃合いを見計らってブルペンへ入った。

■「結果を出して当然」という圧力

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事