「20勝くらいは…」 初ブルペンのマー君に女房役から“先制パンチ”

公開日:  更新日:

「力を入れずに投げていたが、凄くいい球ばかり。今朝は寒くて(朝の気温は12度前後)、風も強かったけれど、スプリットも落ちていたし、直球も走っていた。まだ自分は田中のことをよく知らないけれど、春季キャンプは長い。これからもっと彼の情報を集めたい。彼の表情を見ると、自信がみなぎっている感じがするしね。楽しみだよ」

 こう言ったのはヤンキースの2番手捕手・セルベリ(27)。昨季、黒田ともバッテリーを組んだ女房役がこの日、米フロリダ州タンパのキャンプ施設で投球練習を始めた田中将大(25)の球を受けた感想だ。

 田中がマイナーの球場に姿を現したのは現地時間午前9時過ぎ。グレーの半袖Tシャツとハーフパンツというラフな格好でキャッチボールを始めると、肩が温まった頃合いを見計らってブルペンへ入った。

■「結果を出して当然」という圧力

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る