日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛弟子が次々開眼…巨人・松井臨時コーチの“置き土産”

 宮崎キャンプで松井秀喜臨時コーチ(39)の指導を受けた巨人の大田泰示(23)が25日、韓国サムスンとの練習試合に「1番・中堅」でスタメン出場。4打席目に右翼後方の防球ネットに当たる特大のソロ本塁打を放った。

「今日の本塁打は今までと違う」と自画自賛の当たり。この日から一軍に昇格したが、初回にも左前打で2安打。「死ぬ気でラストチャンスくらいの気持ちでやらないと」と話した。

 現在はヤンキースの臨時コーチを務めている“師匠”も一安心ではないか。球団や原監督の方針もあって、最も重点的に教えたのがこの大田だった。

「引き付けて右腰で打て」「A・ロッドの体の使い方を見ろ」とアドバイス。ゴジラ効果がすぐに出たかはともかく、この日の本塁打は逆方向だった。

■2年目の坂口も好調

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事