愛弟子が次々開眼…巨人・松井臨時コーチの“置き土産”

公開日:  更新日:

 宮崎キャンプで松井秀喜臨時コーチ(39)の指導を受けた巨人の大田泰示(23)が25日、韓国サムスンとの練習試合に「1番・中堅」でスタメン出場。4打席目に右翼後方の防球ネットに当たる特大のソロ本塁打を放った。

「今日の本塁打は今までと違う」と自画自賛の当たり。この日から一軍に昇格したが、初回にも左前打で2安打。「死ぬ気でラストチャンスくらいの気持ちでやらないと」と話した。

 現在はヤンキースの臨時コーチを務めている“師匠”も一安心ではないか。球団や原監督の方針もあって、最も重点的に教えたのがこの大田だった。

「引き付けて右腰で打て」「A・ロッドの体の使い方を見ろ」とアドバイス。ゴジラ効果がすぐに出たかはともかく、この日の本塁打は逆方向だった。

■2年目の坂口も好調

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る