愛弟子が次々開眼…巨人・松井臨時コーチの“置き土産”

公開日: 更新日:

 宮崎キャンプで松井秀喜臨時コーチ(39)の指導を受けた巨人の大田泰示(23)が25日、韓国サムスンとの練習試合に「1番・中堅」でスタメン出場。4打席目に右翼後方の防球ネットに当たる特大のソロ本塁打を放った。

「今日の本塁打は今までと違う」と自画自賛の当たり。この日から一軍に昇格したが、初回にも左前打で2安打。「死ぬ気でラストチャンスくらいの気持ちでやらないと」と話した。

 現在はヤンキースの臨時コーチを務めている“師匠”も一安心ではないか。球団や原監督の方針もあって、最も重点的に教えたのがこの大田だった。

「引き付けて右腰で打て」「A・ロッドの体の使い方を見ろ」とアドバイス。ゴジラ効果がすぐに出たかはともかく、この日の本塁打は逆方向だった。

■2年目の坂口も好調

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る