• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本人と周囲の温度差ありあり…「巨人監督就任」に松井はウンザリ

 巨人のキャンプに臨時コーチとして参加する松井秀喜(39)が17日、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(77)とテレビ朝日のビッグスポーツ賞の表彰式に出席した。

 松井は10日に渡辺球団会長、白石オーナーと会談。16日に同オーナーが「ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している」と明かしたから、スポーツマスコミは「巨人が松井に次期監督要請!」と大騒ぎしたばかりである。

 長嶋終身名誉監督もこの日、「いつかはそうなって欲しい」とこちらも「松井監督」を熱望。またぞろ盛り上がる周囲とは対照的に、肝心の本人はこうである。

「そりゃあ、巨人のいちOBとして、そう言っていただけるのは光栄なこととは思うけど、個人としては(監督要請が)近未来的なこととは取れなかった。長い目でということと思うし、現時点でユニホームを着られるものを(自分が)持ち合わせているとも思わない。勉強しないといけないことはたくさんある。大きな気持ちで待っていただけることは感謝しているけど……」

 困惑というか、ウンザリというか。球団、マスコミと本人の温度差がありありである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る