日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井秀喜・臨時コーチ 「若手育成」意欲の裏に巨人の“病巣”

 やっぱりこの人が主役だった。

 巨人、ヤンキースなどで活躍し、巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務める松井秀喜(39)が31日、原監督ら首脳陣とともに宮崎に入った。

 空港で行われた歓迎セレモニーに参加。原監督に話を振られた松井は驚きながらも、「12年ぶりに宮崎に戻ってきました。気持ちいい風、太陽を浴びながら、選手たちと日々を過ごしていきたい」と挨拶。出迎えたファンの拍手を浴びた。

 夜のミーティングにも参加。原監督に「世界で戦ったメンタルを注入してくれれば」と言われていたものの、全選手を前にしたいきなりの初講義はなし。挨拶をした程度だったという。

 それでもミーティング後、報道陣に囲まれるとこう言った。

「自分が若かったときのことを思うと、ちょっとしたことがヒントになった。これからレギュラーを奪う選手のキッカケになればいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事