松井秀喜・臨時コーチ 「若手育成」意欲の裏に巨人の“病巣”

公開日:  更新日:

 やっぱりこの人が主役だった。

 巨人、ヤンキースなどで活躍し、巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務める松井秀喜(39)が31日、原監督ら首脳陣とともに宮崎に入った。

 空港で行われた歓迎セレモニーに参加。原監督に話を振られた松井は驚きながらも、「12年ぶりに宮崎に戻ってきました。気持ちいい風、太陽を浴びながら、選手たちと日々を過ごしていきたい」と挨拶。出迎えたファンの拍手を浴びた。

 夜のミーティングにも参加。原監督に「世界で戦ったメンタルを注入してくれれば」と言われていたものの、全選手を前にしたいきなりの初講義はなし。挨拶をした程度だったという。

 それでもミーティング後、報道陣に囲まれるとこう言った。

「自分が若かったときのことを思うと、ちょっとしたことがヒントになった。これからレギュラーを奪う選手のキッカケになればいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る