首脳陣も不安 日ハム新助っ人メンドーサの“ビッグマウス”

公開日: 更新日:

 強気なのは悪いことではないけど……。

 25日、韓国KIAとの練習試合に先発した日本ハムの新助っ人メンドーサ(30)が、4回7安打3四死球6失点の炎上。ボークを取られた三回から崩れ、三、四回だけで6点を失った。

 もっとも、試合後の本人はどこ吹く風。

「ストライクをいくつかボールと取られたけど、日本の審判の特徴がわかった。韓国は日本と似た野球をするし、いい経験になった。毎日学んでいくだけさ」

 そんな助っ人の「ビッグマウス」に不安を隠せないのが球団だろう。日ハムはオフに年俸1億500万円のウルフ(現ソフトバンク)との契約を延長せず。昨季チームトップタイの9勝6敗ながらも年俸高騰を恐れたこと、ウルフの素行に問題があったことがその理由とされる。


 それだけにメジャー通算16勝(25敗)のメンドーサにかける期待は大きく、年俸1億円の2年契約というのも、経費にうるさい日ハムにしては破格の待遇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る