首脳陣も不安 日ハム新助っ人メンドーサの“ビッグマウス”

公開日:  更新日:

 強気なのは悪いことではないけど……。

 25日、韓国KIAとの練習試合に先発した日本ハムの新助っ人メンドーサ(30)が、4回7安打3四死球6失点の炎上。ボークを取られた三回から崩れ、三、四回だけで6点を失った。

 もっとも、試合後の本人はどこ吹く風。

「ストライクをいくつかボールと取られたけど、日本の審判の特徴がわかった。韓国は日本と似た野球をするし、いい経験になった。毎日学んでいくだけさ」

 そんな助っ人の「ビッグマウス」に不安を隠せないのが球団だろう。日ハムはオフに年俸1億500万円のウルフ(現ソフトバンク)との契約を延長せず。昨季チームトップタイの9勝6敗ながらも年俸高騰を恐れたこと、ウルフの素行に問題があったことがその理由とされる。


 それだけにメジャー通算16勝(25敗)のメンドーサにかける期待は大きく、年俸1億円の2年契約というのも、経費にうるさい日ハムにしては破格の待遇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る