日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首脳陣も不安 日ハム新助っ人メンドーサの“ビッグマウス”

 強気なのは悪いことではないけど……。

 25日、韓国KIAとの練習試合に先発した日本ハムの新助っ人メンドーサ(30)が、4回7安打3四死球6失点の炎上。ボークを取られた三回から崩れ、三、四回だけで6点を失った。

 もっとも、試合後の本人はどこ吹く風。

「ストライクをいくつかボールと取られたけど、日本の審判の特徴がわかった。韓国は日本と似た野球をするし、いい経験になった。毎日学んでいくだけさ」

 そんな助っ人の「ビッグマウス」に不安を隠せないのが球団だろう。日ハムはオフに年俸1億500万円のウルフ(現ソフトバンク)との契約を延長せず。昨季チームトップタイの9勝6敗ながらも年俸高騰を恐れたこと、ウルフの素行に問題があったことがその理由とされる。


 それだけにメジャー通算16勝(25敗)のメンドーサにかける期待は大きく、年俸1億円の2年契約というのも、経費にうるさい日ハムにしては破格の待遇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事