ユニホーム替えるだけ…今年も高笑い「助っ人天国ニッポン」

公開日:  更新日:

「外国人シャッフル」が止まらない。
 2日、各球団が継続して契約する権利を持つ保留者名簿を発表。「クビ」になった外国人選手の名が明かされたものの、多くの助っ人がユニホームを替えるだけで来季も日本球界に居残る。

 オリックスの名簿から外れた李大浩はすでにソフトバンク入りが「内定」。
 李を失うオリックスは西武のヘルマン獲得に動いている。
 ヘルマンが抜ける西武にはDeNAをクビになったラミレスの加入が濃厚。
 阪神をクビになったスタンリッジはソフトバンク入りが噂されている。

 外国人選手のたらい回しはフロントの「怠慢」であり、「責任逃れ」の一環だ。
 メジャーで実績のある選手は安い年俸では取れない。高いカネを払って有名選手を獲得しても戦力にならなければ、担当者が責任を取らされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る