• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ユニホーム替えるだけ…今年も高笑い「助っ人天国ニッポン」

「外国人シャッフル」が止まらない。
 2日、各球団が継続して契約する権利を持つ保留者名簿を発表。「クビ」になった外国人選手の名が明かされたものの、多くの助っ人がユニホームを替えるだけで来季も日本球界に居残る。

 オリックスの名簿から外れた李大浩はすでにソフトバンク入りが「内定」。
 李を失うオリックスは西武のヘルマン獲得に動いている。
 ヘルマンが抜ける西武にはDeNAをクビになったラミレスの加入が濃厚。
 阪神をクビになったスタンリッジはソフトバンク入りが噂されている。

 外国人選手のたらい回しはフロントの「怠慢」であり、「責任逃れ」の一環だ。
 メジャーで実績のある選手は安い年俸では取れない。高いカネを払って有名選手を獲得しても戦力にならなければ、担当者が責任を取らされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る