やっと実戦へ 「監督谷繁」が心配な「選手谷繁」の仕上がり

公開日: 更新日:

「イメージしていた通りの進め方ができている」

 27日、キャンプを打ち上げた中日の谷繁兼任監督(43)が自身の調整についてこう振り返った。

 兼任監督として臨んだ初のキャンプ。当初、谷繁選手兼監督について森ヘッドは「キャンプはほぼ選手。体をつくる時期だから」と話していた。「ポスト谷繁」が不在の現状、谷繁が正捕手として試合に出ないことには勝ちは拾えない。森ヘッドの「選手優先」は当然だったが、しかし、だからといって、監督としての仕事を任せることはできなかった。

■兼任の難しさを痛感している

 これまでなら、自分の練習をやるだけだった。監督になった今季、自分の練習後に選手の動きをつぶさに見守った。気づいたことがあれば、選手に加えて、コーチ陣とも忌憚(きたん)なく意見を交わした。練習の合間には、新聞やテレビなど多くの取材をこなした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る