中日・谷繁監督悩ませる “格安助っ人”ゴメスのバカ当たり

公開日:  更新日:

「少し詰まったけど、スイングが良かった。巨人がライバルチームというのは知っている」
 不敵な笑みを浮かべてこう言ったのは、18日の巨人との練習試合で、3安打1本塁打2打点と大暴れした中日の新助っ人・ゴメス(35)だ。

 年俸は格安の1000万円。打ってくれたら儲けもの、という立場で入団した男が、ここにきてグングンと評価を上げている。練習ではライナー性の強烈な当たりを連発。チーム内でも「打撃練習だけなら年俸2億円は取れる」と評判だったが、専門の外野に限らず、一塁守備にも挑戦するなど、ハングリー精神が旺盛なのも好印象。「パワーだけでなく、広角に打てる技術もあって、穴がない」と、他球団のスコアラーも警戒心を強めている。

 が、一軍でレギュラーを掴むにはまだまだ壁がある。外野のレギュラーは左翼・和田、中堅・大島、右翼・平田が基本線。一塁もルナの起用が予想されている。いくら打っても守るところがないというのが現状なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る