中日・谷繁監督悩ませる “格安助っ人”ゴメスのバカ当たり

公開日: 更新日:

「少し詰まったけど、スイングが良かった。巨人がライバルチームというのは知っている」
 不敵な笑みを浮かべてこう言ったのは、18日の巨人との練習試合で、3安打1本塁打2打点と大暴れした中日の新助っ人・ゴメス(35)だ。

 年俸は格安の1000万円。打ってくれたら儲けもの、という立場で入団した男が、ここにきてグングンと評価を上げている。練習ではライナー性の強烈な当たりを連発。チーム内でも「打撃練習だけなら年俸2億円は取れる」と評判だったが、専門の外野に限らず、一塁守備にも挑戦するなど、ハングリー精神が旺盛なのも好印象。「パワーだけでなく、広角に打てる技術もあって、穴がない」と、他球団のスコアラーも警戒心を強めている。

 が、一軍でレギュラーを掴むにはまだまだ壁がある。外野のレギュラーは左翼・和田、中堅・大島、右翼・平田が基本線。一塁もルナの起用が予想されている。いくら打っても守るところがないというのが現状なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る