巨人・大竹 開幕投手“大穴”候補から「繰り上げ当選」の可能性

公開日: 更新日:

 27日、沖縄2次キャンプを打ち上げた巨人。原監督は「ケガ人が出たが想定内。新加入の選手たちはチームにいいものを入れてくれている」と1カ月間を総括した。

 とはいえ、想定内とも言っていられないのは先発投手陣だろう。22日のオープン戦でエースの内海が2回8失点と大炎上。キャンプ中に背中、腰を痛めた菅野、杉内は1試合2イニングの実戦登板でいずれも失点。調整が遅れ気味なのだ。

 原監督は当初、昨季13勝でチーム勝ち頭を内海と分け合った2年目の菅野に開幕投手を任せる腹積もりだったといわれる。が、「3本柱」がピリッとせず、そこで開幕の「大穴」候補に急浮上したのが、片岡と同じFA加入した大竹寛(30)だ。

■先発陣では最も早い仕上がり

 大竹は先発ローテが確実視される4投手の中で最も早い19日に実戦初登板。2回無失点の好投デビューで原監督を喜ばせた。最終日のこの日もブルペンで46球。「最後まで投げ込めていいキャンプだった」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る