「独りが好き」 球界のモテ男・片岡が語る巨人の重圧と結婚観

公開日: 更新日:

 西武からFA宣言して巨人に入団。実績は十分だ。07年から4年連続で盗塁王、08年には最多安打、09年WBCでは侍ジャパンの一員として日本の世界一に貢献した。しかし、最近3年間は左ヒザ裏痛など、度重なる故障に苦しんだ。FA移籍に踏み切った経緯など、球界随一のモテ男に結婚観も含めて聞いた。

――FAで西武から巨人に入って驚いたことは?

「人気も伝統もあるし、人の多さと選手が大人だなという印象」

――大人というと?

「メディアやファンに対しても接し方がスマートというか、大人だなと思いましたね。西武の時はファンの方がキャンプ地まで訪れるというのはそれほどないんで。しっかりみんなファンの方にも対応している。紳士の球団だと思いました」

――西武の人気選手で立場も安泰だった。愛着もあったと思うが、FA移籍に踏み切った。規律に厳しい伊原監督が就任したからですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る