「独りが好き」 球界のモテ男・片岡が語る巨人の重圧と結婚観

公開日:  更新日:

 西武からFA宣言して巨人に入団。実績は十分だ。07年から4年連続で盗塁王、08年には最多安打、09年WBCでは侍ジャパンの一員として日本の世界一に貢献した。しかし、最近3年間は左ヒザ裏痛など、度重なる故障に苦しんだ。FA移籍に踏み切った経緯など、球界随一のモテ男に結婚観も含めて聞いた。

――FAで西武から巨人に入って驚いたことは?

「人気も伝統もあるし、人の多さと選手が大人だなという印象」

――大人というと?

「メディアやファンに対しても接し方がスマートというか、大人だなと思いましたね。西武の時はファンの方がキャンプ地まで訪れるというのはそれほどないんで。しっかりみんなファンの方にも対応している。紳士の球団だと思いました」

――西武の人気選手で立場も安泰だった。愛着もあったと思うが、FA移籍に踏み切った。規律に厳しい伊原監督が就任したからですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る