冷や飯食い「タンパ組」の標的…ヤ軍内紛マー君が火種!?

公開日:  更新日:

 田中将大(25)が内紛の火種になるかもしれない。
 ヤンキースには、大きく分けて2つの派閥が存在するという。

 ひとつは「ニューヨーク組」。キャッシュマンGM以下、主に本拠地のニューヨークを活動の拠点とする人たちだ。

 もうひとつは「タンパ組」。こちらはキャンプ地のフロリダ州タンパを根城にする人たちが属している。タンパには故ジョージ・スタインブレナー・オーナーの自宅やヤンキースの育成組織があって、同オーナーの取り巻きというか、ブレーンが何人もいる。

 同オーナーが意気軒高だったころは、ニューヨーク組よりむしろタンパ組の力が強かった。しかし、同オーナーが衰弱した05年ごろからニューヨーク組が勢力を伸ばし力関係は逆転。メジャーで1球も投げていない田中に160億円を投じたのも、キャッシュマンGMらニューヨーク組の意向が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る