冷や飯食い「タンパ組」の標的…ヤ軍内紛マー君が火種!?

公開日:  更新日:

 田中将大(25)が内紛の火種になるかもしれない。
 ヤンキースには、大きく分けて2つの派閥が存在するという。

 ひとつは「ニューヨーク組」。キャッシュマンGM以下、主に本拠地のニューヨークを活動の拠点とする人たちだ。

 もうひとつは「タンパ組」。こちらはキャンプ地のフロリダ州タンパを根城にする人たちが属している。タンパには故ジョージ・スタインブレナー・オーナーの自宅やヤンキースの育成組織があって、同オーナーの取り巻きというか、ブレーンが何人もいる。

 同オーナーが意気軒高だったころは、ニューヨーク組よりむしろタンパ組の力が強かった。しかし、同オーナーが衰弱した05年ごろからニューヨーク組が勢力を伸ばし力関係は逆転。メジャーで1球も投げていない田中に160億円を投じたのも、キャッシュマンGMらニューヨーク組の意向が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る