初登板を境に一変…マー君に“すり寄り”始めたヤ軍ナイン

公開日:  更新日:

 オープン戦初登板で2回無失点、上々のスタートを切ったヤンキース・田中将大(25)に対するナインの反応が徐々に変わってきた。

 なにしろメジャーで一球も投げていないのに160億円も手に入れた投手だ。キャンプ開始当初は周囲に嫉妬や羨望が渦巻いていた。田中が話をするのも日本人投手の黒田くらい。どちらかといえば、よそよそしかったナインの対応が、初登板を境にガラリと変わった。

■「どういう人間か知りたい」

 中でも露骨なのは捕手陣だ。
 本来なら田中の女房役はチームの正妻のマッキャン(30)が務める。長年ブレーブスの正捕手として活躍、打っても6年連続20本塁打をマークしているスラッガーだ。

 とはいえ、メジャーのバッテリーは相性を重視する。通常マスクをかぶるのは正捕手のマッキャンでも、田中の結果次第で他の捕手にもバッテリーを組むチャンスが残されている。そんな状況に目の色を変えているのがキャンプ当初からブルペンで田中の球を受けることが多い2番手捕手のセルベリ(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る