初登板を境に一変…マー君に“すり寄り”始めたヤ軍ナイン

公開日: 更新日:

 オープン戦初登板で2回無失点、上々のスタートを切ったヤンキース・田中将大(25)に対するナインの反応が徐々に変わってきた。

 なにしろメジャーで一球も投げていないのに160億円も手に入れた投手だ。キャンプ開始当初は周囲に嫉妬や羨望が渦巻いていた。田中が話をするのも日本人投手の黒田くらい。どちらかといえば、よそよそしかったナインの対応が、初登板を境にガラリと変わった。

■「どういう人間か知りたい」

 中でも露骨なのは捕手陣だ。
 本来なら田中の女房役はチームの正妻のマッキャン(30)が務める。長年ブレーブスの正捕手として活躍、打っても6年連続20本塁打をマークしているスラッガーだ。

 とはいえ、メジャーのバッテリーは相性を重視する。通常マスクをかぶるのは正捕手のマッキャンでも、田中の結果次第で他の捕手にもバッテリーを組むチャンスが残されている。そんな状況に目の色を変えているのがキャンプ当初からブルペンで田中の球を受けることが多い2番手捕手のセルベリ(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る