若手が台頭も…日本スピードスケート“本当の勝負”は8年後

公開日: 更新日:

 スピードスケートの若手が海外で結果を残している。ノルウェー・ビュグンで開催されている世界ジュニアスピードスケート選手権男子500メートルで後藤卓也(19=日大1年)が2位、同1000メートルで近藤太郎(19=専大1年)が3位と表彰台に上った。

 早くも次回の平昌五輪の星と期待されているとはいえ、4年後に日本代表に選出される保証はない。日本スケート連盟では次回大会は代表チームの若返りを図る可能性もあるからだ。

 ソチの惨敗を受け、スケート連盟は長期的視野に立って選手を育成する方針とか。ショートトラックも含めて現在の小学生、中学生世代の強化を重視。大舞台の経験を積ませるため、平昌には負けを覚悟で若手の派遣も検討しているという。

 ソチのスピードスケートで23個のメダルを獲得したオランダの牙城を崩すのは容易ではない。わずか4年でオランダ勢と肩を並べるのは難しいため、8年後に照準を合わせて若手を強化する方針らしい。

 もっとも、8年後に勝てる保証はどこにもないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  6. 6

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    徹底した補償も盛り込まれていない間抜けな補正予算案

もっと見る