• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手が台頭も…日本スピードスケート“本当の勝負”は8年後

 スピードスケートの若手が海外で結果を残している。ノルウェー・ビュグンで開催されている世界ジュニアスピードスケート選手権男子500メートルで後藤卓也(19=日大1年)が2位、同1000メートルで近藤太郎(19=専大1年)が3位と表彰台に上った。

 早くも次回の平昌五輪の星と期待されているとはいえ、4年後に日本代表に選出される保証はない。日本スケート連盟では次回大会は代表チームの若返りを図る可能性もあるからだ。

 ソチの惨敗を受け、スケート連盟は長期的視野に立って選手を育成する方針とか。ショートトラックも含めて現在の小学生、中学生世代の強化を重視。大舞台の経験を積ませるため、平昌には負けを覚悟で若手の派遣も検討しているという。

 ソチのスピードスケートで23個のメダルを獲得したオランダの牙城を崩すのは容易ではない。わずか4年でオランダ勢と肩を並べるのは難しいため、8年後に照準を合わせて若手を強化する方針らしい。

 もっとも、8年後に勝てる保証はどこにもないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る