スピードスケート短距離メダルゼロを招いた日本勢の“驕り”

公開日: 更新日:

「世界の進化のスピードについていけなかったのが悔しい」
 女子スピードスケート1000メートル(13日)で13位に敗れた小平奈緒(27)は涙をこらえてこう敗因を語った。

 男子500メートルの加藤、長島も5、6位。期待の男女の短距離が終わり日本はメダルゼロ。前回銀メダルの女子パシュートが残っているとはいえ、各国も本格的に強化に力を入れ出し状況は厳しい。

■お株奪われた

 前回大会まで日本の冬季五輪のメダルは27。うち14個はスピードスケート。1984年のサラエボ大会の男子500メートルで北沢欣浩が銀メダルを獲得して以来、06年のトリノをのぞきメダルを取ってきた。その“お家芸”も風前のともしびだ。

「短距離での日本の利点、アドバンテージがなくなってきている。500メートルはスタートダッシュ、コーナリングの技術が勝敗に占める割合が多い。これまで日本選手はその利点を生かしてメダルを取ってきた。しかし、外国選手が日本選手のスタートダッシュ、コーナリング、滑りを徹底分析して差がなくなってきた。終盤の勝負に変わり、そうなるとオランダ選手のように、体力、体格で勝る方が強い」(北海道在住のスポーツライター・高野祐太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る