スピードスケート短距離メダルゼロを招いた日本勢の“驕り”

公開日:  更新日:

「世界の進化のスピードについていけなかったのが悔しい」
 女子スピードスケート1000メートル(13日)で13位に敗れた小平奈緒(27)は涙をこらえてこう敗因を語った。

 男子500メートルの加藤、長島も5、6位。期待の男女の短距離が終わり日本はメダルゼロ。前回銀メダルの女子パシュートが残っているとはいえ、各国も本格的に強化に力を入れ出し状況は厳しい。

■お株奪われた

 前回大会まで日本の冬季五輪のメダルは27。うち14個はスピードスケート。1984年のサラエボ大会の男子500メートルで北沢欣浩が銀メダルを獲得して以来、06年のトリノをのぞきメダルを取ってきた。その“お家芸”も風前のともしびだ。

「短距離での日本の利点、アドバンテージがなくなってきている。500メートルはスタートダッシュ、コーナリングの技術が勝敗に占める割合が多い。これまで日本選手はその利点を生かしてメダルを取ってきた。しかし、外国選手が日本選手のスタートダッシュ、コーナリング、滑りを徹底分析して差がなくなってきた。終盤の勝負に変わり、そうなるとオランダ選手のように、体力、体格で勝る方が強い」(北海道在住のスポーツライター・高野祐太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る