スピードスケート短距離メダルゼロを招いた日本勢の“驕り”

公開日: 更新日:

「世界の進化のスピードについていけなかったのが悔しい」
 女子スピードスケート1000メートル(13日)で13位に敗れた小平奈緒(27)は涙をこらえてこう敗因を語った。

 男子500メートルの加藤、長島も5、6位。期待の男女の短距離が終わり日本はメダルゼロ。前回銀メダルの女子パシュートが残っているとはいえ、各国も本格的に強化に力を入れ出し状況は厳しい。

■お株奪われた

 前回大会まで日本の冬季五輪のメダルは27。うち14個はスピードスケート。1984年のサラエボ大会の男子500メートルで北沢欣浩が銀メダルを獲得して以来、06年のトリノをのぞきメダルを取ってきた。その“お家芸”も風前のともしびだ。

「短距離での日本の利点、アドバンテージがなくなってきている。500メートルはスタートダッシュ、コーナリングの技術が勝敗に占める割合が多い。これまで日本選手はその利点を生かしてメダルを取ってきた。しかし、外国選手が日本選手のスタートダッシュ、コーナリング、滑りを徹底分析して差がなくなってきた。終盤の勝負に変わり、そうなるとオランダ選手のように、体力、体格で勝る方が強い」(北海道在住のスポーツライター・高野祐太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る