• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スピードスケート短距離メダルゼロを招いた日本勢の“驕り”

「世界の進化のスピードについていけなかったのが悔しい」
 女子スピードスケート1000メートル(13日)で13位に敗れた小平奈緒(27)は涙をこらえてこう敗因を語った。

 男子500メートルの加藤、長島も5、6位。期待の男女の短距離が終わり日本はメダルゼロ。前回銀メダルの女子パシュートが残っているとはいえ、各国も本格的に強化に力を入れ出し状況は厳しい。

■お株奪われた

 前回大会まで日本の冬季五輪のメダルは27。うち14個はスピードスケート。1984年のサラエボ大会の男子500メートルで北沢欣浩が銀メダルを獲得して以来、06年のトリノをのぞきメダルを取ってきた。その“お家芸”も風前のともしびだ。

「短距離での日本の利点、アドバンテージがなくなってきている。500メートルはスタートダッシュ、コーナリングの技術が勝敗に占める割合が多い。これまで日本選手はその利点を生かしてメダルを取ってきた。しかし、外国選手が日本選手のスタートダッシュ、コーナリング、滑りを徹底分析して差がなくなってきた。終盤の勝負に変わり、そうなるとオランダ選手のように、体力、体格で勝る方が強い」(北海道在住のスポーツライター・高野祐太氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る