• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソチ惨敗スピードスケート復権は外国人監督か海外留学か

 日本スケート連盟がようやく重い腰を上げた。

 ソチ五輪で男女ともメダルなしに終わったスピードスケートの改革を図るため外国人指導者を招聘(しようへい)するのだ。すでにスケート連盟の橋本聖子会長(49)が、来季からの日本代表監督について「(外国人指導者の招聘を)私の中では決めている」とし、次期監督の人選に入ったことを明かしている。

 再建の切り札として浮上しているのはイタリア人指導者のマウリツィオ・マルケット氏(58)。母国イタリアとロシアでナショナルチームの監督を務め、2人のメダリストを輩出するなど、欧州のスピードスケート界ではその手腕を高く評価されている。現在はロシア女子代表コーチを務めており、契約が切れる今季終了を待ってオファーを出すとみられる。他にもソチのスピードスケートで23個のメダルを獲得した強豪のオランダ人コーチなどもリストアップしているそうだが、交渉は難航が予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る