ソチ惨敗スピードスケート復権は外国人監督か海外留学か

公開日: 更新日:

 日本スケート連盟がようやく重い腰を上げた。

 ソチ五輪で男女ともメダルなしに終わったスピードスケートの改革を図るため外国人指導者を招聘(しようへい)するのだ。すでにスケート連盟の橋本聖子会長(49)が、来季からの日本代表監督について「(外国人指導者の招聘を)私の中では決めている」とし、次期監督の人選に入ったことを明かしている。

 再建の切り札として浮上しているのはイタリア人指導者のマウリツィオ・マルケット氏(58)。母国イタリアとロシアでナショナルチームの監督を務め、2人のメダリストを輩出するなど、欧州のスピードスケート界ではその手腕を高く評価されている。現在はロシア女子代表コーチを務めており、契約が切れる今季終了を待ってオファーを出すとみられる。他にもソチのスピードスケートで23個のメダルを獲得した強豪のオランダ人コーチなどもリストアップしているそうだが、交渉は難航が予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る