日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オランダ圧勝のSスケート 日本は「情報戦」で負けていた

「ソチ五輪のスピードスケートのリンクはロシアのコロムナ、カザフスタンのアスコナのリンクをつくった人と同じだと聞いている。それで大体、リンクのイメージが湧いてくる。長野五輪のリンクに近いリンクではないか。スピードが出るリンクで日本人選手に向いている。マイナスになる部分は少ない」

 ソチ五輪前、スピードスケートの関係者は日刊ゲンダイ本紙にこう話していた。今季のカザフスタンのW杯では小平奈緒が500メートルで3位。速いタイムが出るソルトレークシティーのW杯で加藤条治、長島圭一郎が優勝している。高速リンクといわれた長野五輪では清水宏保が男子500メートルで金、1000メートルで銅。女子500メートルで岡崎朋美が銅メダルを獲得した。

■欧州勢に有利な軟らかいリンク

 そんなこんなで「夢よもう一度」とそろばんをはじいたのだろうが、ここまで日本スケート陣はメダルゼロ。オランダ勢の強さばかりが目立っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事