オランダ圧勝のSスケート 日本は「情報戦」で負けていた

公開日: 更新日:

「ソチ五輪のスピードスケートのリンクはロシアのコロムナ、カザフスタンのアスコナのリンクをつくった人と同じだと聞いている。それで大体、リンクのイメージが湧いてくる。長野五輪のリンクに近いリンクではないか。スピードが出るリンクで日本人選手に向いている。マイナスになる部分は少ない」

 ソチ五輪前、スピードスケートの関係者は日刊ゲンダイ本紙にこう話していた。今季のカザフスタンのW杯では小平奈緒が500メートルで3位。速いタイムが出るソルトレークシティーのW杯で加藤条治、長島圭一郎が優勝している。高速リンクといわれた長野五輪では清水宏保が男子500メートルで金、1000メートルで銅。女子500メートルで岡崎朋美が銅メダルを獲得した。

■欧州勢に有利な軟らかいリンク

 そんなこんなで「夢よもう一度」とそろばんをはじいたのだろうが、ここまで日本スケート陣はメダルゼロ。オランダ勢の強さばかりが目立っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る