• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井川や松坂とどう違う? 徐々に評価上がるマー君の「適応力」

「少なくともイガワ(井川)やダイスケ(松坂)のようなことはないだろう」

 ヤンキースの田中将大(25)に関して、ニューヨークメディアのひとりがこう言った。

「イガワはこちらに来た当時から硬いマウンドが合わない、下半身がうまく沈まないからチェンジアップが抜けないとブツブツ言ってた。松坂もキャンプが始まるなり、もっと投げ込みたい、ボールが滑ると不満タラタラだった。実戦が始まるとマウンド上で、ボールが手につくように指をペロペロとなめまくってたほど。けれども、タナカは違う。ボールやマウンドの違和感をクチにしたことがないし、調整についても、まずこちらのやり方でやってみるというスタンス。メジャーに適応しようとして、実際、順応しているように思う」

 なるほどオープン戦のマウンドを見る限り、足元やボールを気にしているふうではない。新しいボールをもらったときに手でこねる程度。ダルですら1年目はボールが手につかず、イライラするしぐさを見せたのに、田中はそんな様子をみじんも感じさせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る