超狭き門…元プロ選手が憧れる高校野球監督就任の“現実”

公開日: 更新日:

 今年のはじめのことだ。タイトルも取ったことのあるプロ野球OBに、某高校から野球部監督就任の要請がきた。

 その高校はスポーツに力を入れている。OBは昨年、プロ側、アマ側の研修を受け、高校生と大学生を教える資格は回復した。

 理事長にも会い、「月給は20万円」の条件を提示された。高校球界では甲子園請負監督などといわれ、「月給100万円」の監督もいることを聞いていた。それでも高校生に自分の技術、経験を伝えられ、チームを強くするために少しでも役に立てるのならと引き受けた。就任前に指導にも行った。

 自宅から高校までは車だと小1時間かかる。本格的に教えるにはその時間も惜しい。思い切って家族ともども高校の近くに引っ越すことを決意した。学校に家賃のことで相談すると、「寮に入ればいい」との返事。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る