中日・谷繁兼任監督 マスクかぶらなきゃ“タダの人”

公開日: 更新日:

中日のAクラス入りの条件は、谷繁が捕手として試合に出続けること。監督に軸足を置くようなら、期待はできない。他球団が最も恐れているのは、捕手谷繁のイヤらしさと経験なんだから」

 評論家の権藤博氏はこう言っていた。

 その谷繁兼任監督がベンチを温めた3日の阪神戦で、中日が4-7と連日の大敗。指揮官は、4回8安打5四球7失点でKOされた先発の山内に「相手と勝負する前に勝負になっていない」とおかんむりだった。

 昨年8月に右ヒジ手術を受けた山内は、この日が久々の先発にして今季の初登板。不安と緊張にさらされる右腕を、自らマスクをかぶってリードする選択肢はなかったのか。

「打席に立っても、投手よりまず先に捕手の谷繁さんを意識してしまう。不気味なんです」とは、4日から中日との3連戦に臨む巨人中堅選手のセリフである。

 開幕6試合を終え、谷繁監督が選手谷繁をスタメンから外したのは早くも3試合目。先発出場した前日2日の阪神戦は0-15と惨敗したものの、他球団がなにを嫌がっているか、改めて考えるほうがいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る