自らスタメン落ちで1勝…中日・谷繁監督カラー構築へ着々

公開日: 更新日:

 連敗で迎えた広島との開幕3戦目(30日)。谷繁兼任監督は「自らのスタメン落ち」という采配で就任初勝利を手にした。

 この日、スタメン捕手には「ポスト谷繁」の筆頭格である5年目の松井雅が入った。その松井が2打席連続で二塁打を放ち、2打点の活躍。マスクをかぶっても先発のカブレラを無難にリードした。

 ウイニングボールを受け取った谷繁監督は、「今までに経験したことのない感情がある。しみじみとした勝利」と、照れ笑いを浮かべた。

 この3連戦、新監督は“動いた”。1、2戦目はスタメンマスクをかぶり、2戦目は2点を追う八回に、選手谷繁に代打小笠原を送った。監督に専念したこの日は、八回に代打として打席に立った。

 作戦面では、無死、1死で一塁に走者がいる場面、犠打、セーフティー、エンドラン、盗塁などあらゆる方法で相手を揺さぶろうとした。評論家の橋本清氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

もっと見る