日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「落合GMはやりにくい?」 中日・谷繁兼任監督を直撃

 07年ヤクルトの古田敦也以来の兼任監督。26年目を迎える選手としては、野村克也氏が持つ歴代最多の3017試合出場を射程圏に捉え、監督としては前年4位からの巻き返しを図る。

――改めて、選手兼任監督を引き受けた理由を聞かせてください。

「打診を受けた時、いろんな思いがありました。『オレに来たの?』という感じと、会見の時にも話したように、白井オーナーをはじめドラゴンズに望まれたんだな、という感じと。できるのかという不安は多少なりにはありましたが、大変なのか、大変じゃないのか、やってみないとわからないですし、大変だから断ろうという気持ちは全くなかった。『野球人生の中で、こんな仕事ができる選手がいるのか』と考えたとき、誰もできないようなことをできる。誰もやらないことをやってみたい、やってやろうっていう気持ちです。いろんな人に相談しました。ほとんどの方が『やるべきだ』と」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事