黒星発進も…中日・谷繁兼任監督の気迫溢れるスピード野球

公開日: 更新日:

「負けはしたけど、ドラゴンズらしい試合展開に入っていけたと思う。こういう試合を取っていかないと」

 中日・谷繁兼任監督(43)の初陣となった広島との開幕戦。2―3で迎えた延長十回、監督自らの三振で試合が終わったものの、チームには4位に低迷した昨年とは一味違った雰囲気があった。

 六回2死一、二塁で中前に今季初安打を放った指揮官は、二塁走者の平田が本塁で憤死すると、一塁ベースを駆け抜けたところで跳びはねて悔しさをあらわに。開幕投手に指名し、6回2失点と力投していた38歳ベテランの川上をスパッと交代させたかと思えば、2番手にはなんと先発要員の岡田を投入し、開幕戦から勝利にこだわる姿勢を見せた。

■実戦経験、勝負勘は12球団一

 さる中日OBがこう言った。
「攻撃時の采配は森ヘッドに任せるみたいなことを言っていたが、実際はそんなふうではなかった。例えば、1番・大島が4度出塁した際の2番・荒木へのサインです。1打席目、3打席目は犠打、4打席目は一転して強攻策に出て、荒木が安打を放って好機を広げた。4打席目は広島の投手が前田から中田に代わった直後。5打席目には今度は大島を走らせた。投手出身の森ヘッドではなく、谷繁監督自らのバリエーションに富んだ采配だったと思う。谷繁本人が<ボクの野球は動く野球であり、テーブルの上で計算できるほど野球は甘くない>と言ってた。その通り、状況判断を優先した。高卒1年目からマスクをかぶって26年目。実戦経験、勝負勘という意味では12球団の監督で一番と言っていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

もっと見る