日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒星発進も…中日・谷繁兼任監督の気迫溢れるスピード野球

「負けはしたけど、ドラゴンズらしい試合展開に入っていけたと思う。こういう試合を取っていかないと」

 中日・谷繁兼任監督(43)の初陣となった広島との開幕戦。2―3で迎えた延長十回、監督自らの三振で試合が終わったものの、チームには4位に低迷した昨年とは一味違った雰囲気があった。

 六回2死一、二塁で中前に今季初安打を放った指揮官は、二塁走者の平田が本塁で憤死すると、一塁ベースを駆け抜けたところで跳びはねて悔しさをあらわに。開幕投手に指名し、6回2失点と力投していた38歳ベテランの川上をスパッと交代させたかと思えば、2番手にはなんと先発要員の岡田を投入し、開幕戦から勝利にこだわる姿勢を見せた。

■実戦経験、勝負勘は12球団一

 さる中日OBがこう言った。
「攻撃時の采配は森ヘッドに任せるみたいなことを言っていたが、実際はそんなふうではなかった。例えば、1番・大島が4度出塁した際の2番・荒木へのサインです。1打席目、3打席目は犠打、4打席目は一転して強攻策に出て、荒木が安打を放って好機を広げた。4打席目は広島の投手が前田から中田に代わった直後。5打席目には今度は大島を走らせた。投手出身の森ヘッドではなく、谷繁監督自らのバリエーションに富んだ采配だったと思う。谷繁本人が<ボクの野球は動く野球であり、テーブルの上で計算できるほど野球は甘くない>と言ってた。その通り、状況判断を優先した。高卒1年目からマスクをかぶって26年目。実戦経験、勝負勘という意味では12球団の監督で一番と言っていい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事