日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インパクト後はグリップエンドの向きを変える

■簡単にヘッドが返る

 ダウンスイングを始めるときは左腰から動き出すことによって手が先になってクラブヘッドは後から下りてくる。そのヘッドが構えた位置で手に追いついて、ボールをヒットした後はヘッドが先になって振り抜けていく。

 手が構えた位置より左に出てからインパクトするとクラブフェースは右を向いて開いて当たるのでボールはスライスする。

 だから左手がアドレスの位置より左に出ていかないうちに右手を返してやらないといけないわけだが、それには「構えた位置で左手を止めるようにして右手を返してやればよい」と言うプロもいる。

 しかし「左手を止める」というやり方は一般アマチュアには難しい。それより「グリップエンドの向きを考えてスイングすれば簡単にヘッドを返してやれる」と杉本英世プロに次のように教わったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事