• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インパクト後はグリップエンドの向きを変える

■簡単にヘッドが返る

 ダウンスイングを始めるときは左腰から動き出すことによって手が先になってクラブヘッドは後から下りてくる。そのヘッドが構えた位置で手に追いついて、ボールをヒットした後はヘッドが先になって振り抜けていく。

 手が構えた位置より左に出てからインパクトするとクラブフェースは右を向いて開いて当たるのでボールはスライスする。

 だから左手がアドレスの位置より左に出ていかないうちに右手を返してやらないといけないわけだが、それには「構えた位置で左手を止めるようにして右手を返してやればよい」と言うプロもいる。

 しかし「左手を止める」というやり方は一般アマチュアには難しい。それより「グリップエンドの向きを考えてスイングすれば簡単にヘッドを返してやれる」と杉本英世プロに次のように教わったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る