インパクト後はグリップエンドの向きを変える

公開日: 更新日:

■簡単にヘッドが返る

 ダウンスイングを始めるときは左腰から動き出すことによって手が先になってクラブヘッドは後から下りてくる。そのヘッドが構えた位置で手に追いついて、ボールをヒットした後はヘッドが先になって振り抜けていく。

 手が構えた位置より左に出てからインパクトするとクラブフェースは右を向いて開いて当たるのでボールはスライスする。

 だから左手がアドレスの位置より左に出ていかないうちに右手を返してやらないといけないわけだが、それには「構えた位置で左手を止めるようにして右手を返してやればよい」と言うプロもいる。

 しかし「左手を止める」というやり方は一般アマチュアには難しい。それより「グリップエンドの向きを考えてスイングすれば簡単にヘッドを返してやれる」と杉本英世プロに次のように教わったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る