インパクト後はグリップエンドの向きを変える

公開日:  更新日:

■簡単にヘッドが返る

 ダウンスイングを始めるときは左腰から動き出すことによって手が先になってクラブヘッドは後から下りてくる。そのヘッドが構えた位置で手に追いついて、ボールをヒットした後はヘッドが先になって振り抜けていく。

 手が構えた位置より左に出てからインパクトするとクラブフェースは右を向いて開いて当たるのでボールはスライスする。

 だから左手がアドレスの位置より左に出ていかないうちに右手を返してやらないといけないわけだが、それには「構えた位置で左手を止めるようにして右手を返してやればよい」と言うプロもいる。

 しかし「左手を止める」というやり方は一般アマチュアには難しい。それより「グリップエンドの向きを考えてスイングすれば簡単にヘッドを返してやれる」と杉本英世プロに次のように教わったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る