日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

当面使用継続の「飛びすぎ統一球」で得するのは巨人だけ

「ほら、ね。だから、言ったでしょ」とは、広島の某投手。

 9日、同僚の今村が巨人の村田に打たれた、東京ドーム左翼最深部の天井にブチ当たるという超特大の本塁打を振り返り、「そりゃ、村田さんのパワーは凄い。それにしたって、あそこまで飛ぶのは異常です。だいたい、今年は最初からおかしいんですよ。6日のオリックスと西武の試合ではファウルフライが2度も京セラドーム大阪の天井に当たったんでしょ。絶対にボールが飛ぶようになってる。間違いないですよ」と試合後に口角泡を飛ばしていたのだ。

 これが、その通りだった。10日、NPBが緊急会見。今季の一軍公式戦で使用している統一球が、アグリーメントに定められた反発係数の上限値を上回っている事実を明らかにしたのだ。NPBによれば、3月29日の開幕2戦目にセ・パ6球場でボールの抜き打ち検査をしたところ、反発係数の平均が0.426であることが判明。5球場で上限の0.4234を超える“違反球”が使われていたというのである。実際、今季は各球場でやたらと本塁打が乱れ飛んでいた。10日の試合だけでも、6球場で13本塁打。ここまで68試合を消化して、110本もの一発が出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事