Rソックス上原 DL入り先送りも「右肩検査」に一抹の不安

公開日: 更新日:

 メジャーを代表するクローザーの右肩が不安だ。

 レッドソックスの守護神・上原浩治(39)のことだ。右肩の張りを訴えていた右腕は13日(日本時間14日)、キャッチボールや遠投などで状態を確認。異常は見られなかったものの、遠征先のニューヨークから本拠地のボストンに戻って精密検査を受けることになった。

 上原は11日の練習中に右肩の不調を訴え、その後は首脳陣に直訴してセーブ機会のある場面でも登板を回避した。今後は14日にも検査を受け、15日のホワイトソックス戦(シカゴ)でチームに合流する見込みだ。

■昨季酷使の反動か

 上原はレッドソックスに移籍した昨季、リリーフ投手2人が故障したため、6月からクローザーを務めた。自己最多の73試合(74回3分の1)に登板し、4勝1敗、防御率1.09をマーク。絶対的な守護神として安定した投球を続け、タイガースとのリーグ優勝決定戦(5試合で無失点)ではMVPに選ばれた。チームの6年ぶりの世界一にも貢献した。今季はここまで5試合に登板して2セーブを挙げ、順調なスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る