ダウン始動は左ひざ、左腰をアドレス位置に戻す

公開日:  更新日:

 スライスするのは「腰の開きが早すぎるため」とよくいわれる。
 そういわれると誰でも体を止めて右手で打ちたくなるはず。しかしいくら体を止めようとしてもスライスは直らないという人が多いと思う。

 そのことを金井清一プロに聞いたら、「腰が開いているのではなく、左腰が引けて後ろに下がるようにして体重が右足に残っているため」といわれたことがある。

「左足を踏み込むようにして左ひざと左腰を構えた位置に戻すようにしてダウンスイングを始めれば左腰は逃げない」と金井。

 左足から始動し、左ひざと左腰で体を巻き戻すようにすれば体重が左に乗っていくので、これなら腰を開いてもかまわないというのだ。

■クラブはインサイドから下りる

 そういわれてプロのインパクトを見ていると、誰でも左足でしっかりと地面をつかむようにして左足のつま先と左ひざは前を向いている。インパクトで左腰は開き始めているけれども、上体は開かずに胸が正面を向いてボールをとらえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る