ダウン始動は左ひざ、左腰をアドレス位置に戻す

公開日:  更新日:

 スライスするのは「腰の開きが早すぎるため」とよくいわれる。
 そういわれると誰でも体を止めて右手で打ちたくなるはず。しかしいくら体を止めようとしてもスライスは直らないという人が多いと思う。

 そのことを金井清一プロに聞いたら、「腰が開いているのではなく、左腰が引けて後ろに下がるようにして体重が右足に残っているため」といわれたことがある。

「左足を踏み込むようにして左ひざと左腰を構えた位置に戻すようにしてダウンスイングを始めれば左腰は逃げない」と金井。

 左足から始動し、左ひざと左腰で体を巻き戻すようにすれば体重が左に乗っていくので、これなら腰を開いてもかまわないというのだ。

■クラブはインサイドから下りる

 そういわれてプロのインパクトを見ていると、誰でも左足でしっかりと地面をつかむようにして左足のつま先と左ひざは前を向いている。インパクトで左腰は開き始めているけれども、上体は開かずに胸が正面を向いてボールをとらえている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る