イチロー「超美技」で再び評価 右翼でレギュラー復帰の芽も

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手に、いよいよチャンス到来か。今季はヤンキースの控え外野手に甘んじているイチロー(40)のことだ。

 前夜(現地時間13日)のレッドソックス戦に代走で途中出場。そのまま右翼の守備に就き、八回には相手の主砲オルティスが右中間に放った本塁打性の当たりをフェンス際でジャンプしてキャッチ。フェンスを越えていれば、同点に追い付かれていただけに、チームの危機を救ったファインプレーだった。捕られたオルティスは「あれはニンジャだ」と、拍手で称えた。

■故障者続出でライバルは一塁へ

 この試合では一塁手も兼ねるセルベリ捕手が走塁の際、右太ももを痛めて15日間の故障者リスト(DL)入りした。正一塁手のテシェーラも右太もも裏の張りで離脱していることから当面はイチローと右翼のポジションを争うベルトランが一塁に入る可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る