イチロー「超美技」で再び評価 右翼でレギュラー復帰の芽も

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手に、いよいよチャンス到来か。今季はヤンキースの控え外野手に甘んじているイチロー(40)のことだ。

 前夜(現地時間13日)のレッドソックス戦に代走で途中出場。そのまま右翼の守備に就き、八回には相手の主砲オルティスが右中間に放った本塁打性の当たりをフェンス際でジャンプしてキャッチ。フェンスを越えていれば、同点に追い付かれていただけに、チームの危機を救ったファインプレーだった。捕られたオルティスは「あれはニンジャだ」と、拍手で称えた。

■故障者続出でライバルは一塁へ

 この試合では一塁手も兼ねるセルベリ捕手が走塁の際、右太ももを痛めて15日間の故障者リスト(DL)入りした。正一塁手のテシェーラも右太もも裏の張りで離脱していることから当面はイチローと右翼のポジションを争うベルトランが一塁に入る可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る