有望選手を“青田買い” 大リーガーを狙うブロンド美女の罠

公開日:  更新日:

 メジャーにかつて、アーマンド・ベニテスという抑え投手がいた。160キロの速球を武器に、マーリンズ時代の04年には47セーブでタイトルを獲得した右腕だ。
 193センチ、118キロの巨漢で、鬼瓦みたいないかつい表情。打者はマウンド上のベニテスににらまれただけで震え上がったといわれるほど。

 そのベニテスがデビューしたて、90年代後半にオリオールズでプレーしていたころの話だ。こわもてで知られる剛腕があるとき、球場にガールフレンドを連れてきた。
 髪はブロンドで、スタイル抜群の美女。真っ赤なワンピースから、透き通るような白い肌をのぞかせていていた。

「ベニテスが連れてたのはスカーレット・ヨハンソン似、すこぶるつきの美女だっただけに、どこからともなく『ありゃ美女と野獣だな』という声が上がったそうです」と、さるスポーツライターのひとりがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る