交流戦まで持つか…Xデー囁かれるDeNA中畑監督のクビ

公開日:  更新日:

 チーム周辺でXデーが囁かれ始めた。

 25日の阪神戦に4-14で敗れたDeNAはこれで、12球団最多の借金12。開幕から22試合を戦ってまだたったの5勝しかできない体たらくに、ネット裏では「中畑監督の休養、もしくは途中解任は時間の問題」との声が出ることしきりなのだ。

「開幕前、中畑監督は『昨年までとは違う。今年は戦える』とやたらと自信満々だった。FAで久保を獲得し、米球界帰りの尚成も取った。本人が『手応えがある』と言って回っていた以上、今年は戦力を言い訳にはできない。6位に沈んだ就任1年目の12年、5位に終わった昨年以上のペースで黒星を重ねていく気配ですから、球団としてなんらかの手を打たないとファンにも示しがつかない。このままいけば途中休養の可能性は大です」(放送局関係者)

 CSに出られなかったらオレはクビ、と宣言した昨年、5位でシーズンを終えながら1年契約で今季続投できたのは、その手腕が評価されたわけではもちろんなく、成績とは対照的に右肩上がりの観客動員力が認められたから。今季も主催試合の平均観客数は2万1134人と昨年の1万9802人を上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る