DeNAに負けなし 巨人が狙う“中畑銀行”から「貯金24」

公開日: 更新日:

 巨人が宮崎で行われた22日のDeNA戦で逆転勝利を飾った。
 五回にレスリー・アンダーソン(32)が逆転満塁弾。投げては先発の菅野智之(24)が6安打9奪三振1失点で、リーグ単独トップの4勝目をマークした。21日に「8、9回投げる」と宣言していた通りの今季のチーム初完投。中5日の登板が続く中での好投に原監督は「完投は先発投手の一番の栄光」と目を細めた。

 巨人はこれでDeNAに負けなしの3連勝。一方、DeNAの中畑監督は「今言うことはない」とムッツリ。昨オフ、「巨人戦を5割で行けたらCSに120%行ける。何とか食い下がることができれば、他のチームにも貯金をつくれるはず」と展望を語っていたが、うまくいっていない。

■空中分解寸前

 巨人は中畑監督が就任して以来、DeNAを“メーンバンク”にしてきた。昨年は18勝5敗1分け、12年も17勝4敗3分けと就任2年間で貯金13ずつをもらってリーグ連覇。尾花前監督(現巨人二軍投手総合コーチ)時代の11年は14勝10敗。貯金は4で3位に沈んだ。巨人は昨季、広島から6、ヤクルトから5の貯金をつくったが、一番のお得意さまは“中畑銀行”なのだ。巨人の某選手はこんなことを漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  6. 6

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る