交流戦DH制導入でほくそ笑む 巨人とDeNAのメリット

公開日:  更新日:

「どうもふに落ちない」

 球界でこんな声が出ている。

 今年の交流戦。開始10周年の特別企画として、セの主催試合で指名打者制を取り入れることが決定的になった。一方、パの主催試合では投手が打席に立つ「セ方式」を導入。普段のリーグ戦と逆の形となる。

 正式決定すれば、「二刀流」に挑む日本ハムの大谷が札幌ドームで投手として打席に立つことができる。一つのウリにはなりそうだが、降って湧いたようなこのプラン、「巨人有利」との声がある。セ球団首脳陣の一人がこう言う。

「東京ドームは狭い上に、ベンチには高橋由、矢野らDHができる人材がヤマほどいる。交流戦は昨年も13勝10敗1分けと苦戦するなど、得意としていない。この日(16日)のヤクルト戦こそ、相手投手が乱れて9得点を挙げたが、自慢の強力打線がイマイチ勢いがなく、投手陣もマシソン、山口、西村のリリーフトリオが不調でこの日も全員が失点している。1点でも多く点が取りたいところ。しかも4連敗中のタイミングでDH制導入を読売の系列紙がスクープしたんだから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る