交流戦DH制導入でほくそ笑む 巨人とDeNAのメリット

公開日:  更新日:

「どうもふに落ちない」

 球界でこんな声が出ている。

 今年の交流戦。開始10周年の特別企画として、セの主催試合で指名打者制を取り入れることが決定的になった。一方、パの主催試合では投手が打席に立つ「セ方式」を導入。普段のリーグ戦と逆の形となる。

 正式決定すれば、「二刀流」に挑む日本ハムの大谷が札幌ドームで投手として打席に立つことができる。一つのウリにはなりそうだが、降って湧いたようなこのプラン、「巨人有利」との声がある。セ球団首脳陣の一人がこう言う。

「東京ドームは狭い上に、ベンチには高橋由、矢野らDHができる人材がヤマほどいる。交流戦は昨年も13勝10敗1分けと苦戦するなど、得意としていない。この日(16日)のヤクルト戦こそ、相手投手が乱れて9得点を挙げたが、自慢の強力打線がイマイチ勢いがなく、投手陣もマシソン、山口、西村のリリーフトリオが不調でこの日も全員が失点している。1点でも多く点が取りたいところ。しかも4連敗中のタイミングでDH制導入を読売の系列紙がスクープしたんだから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る