首位広島 もう一つの敵はセ4球団に蔓延する“諦めムード”

公開日: 更新日:

 29日の巨人戦。2点をリードされた九回2死からヤクルトの畠山が起死回生の逆転3ランを放った。意気上がる三塁ベンチ、呆然とする巨人ナイン。こんな劇的な展開になれば、普通ならここで勝負が決する。が、普通じゃないのが今のヤクルト。その裏、巨人に2点を取られ、あえなくサヨナラ負けを食らった。

 巨人の原監督(55)は興奮しながら、「ヤクルトとはこういう展開が多いよね」とニヤリ。確かに「こういう展開」をつい最近もやっていた。

 16日の神宮での一戦である。ヤクルトは3-5の八回に巨人の山口、西村から4点を奪って7-5と逆転。九回に3点を取られて試合をひっくり返され、その裏の2死からバレンティンの本塁打で同点としながら、結局は延長戦であっさり敗れた。巨人からすれば、「接戦が多い」というより、「負け試合を勝たせてもらっている」ようなものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る