首位広島 もう一つの敵はセ4球団に蔓延する“諦めムード”

公開日:  更新日:

 29日の巨人戦。2点をリードされた九回2死からヤクルトの畠山が起死回生の逆転3ランを放った。意気上がる三塁ベンチ、呆然とする巨人ナイン。こんな劇的な展開になれば、普通ならここで勝負が決する。が、普通じゃないのが今のヤクルト。その裏、巨人に2点を取られ、あえなくサヨナラ負けを食らった。

 巨人の原監督(55)は興奮しながら、「ヤクルトとはこういう展開が多いよね」とニヤリ。確かに「こういう展開」をつい最近もやっていた。

 16日の神宮での一戦である。ヤクルトは3-5の八回に巨人の山口、西村から4点を奪って7-5と逆転。九回に3点を取られて試合をひっくり返され、その裏の2死からバレンティンの本塁打で同点としながら、結局は延長戦であっさり敗れた。巨人からすれば、「接戦が多い」というより、「負け試合を勝たせてもらっている」ようなものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る