• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島が狙う 本拠地マツダスタジアムでの“巨人潰し”大作戦

■1点を重ね1点を守る

「東京ドームでの巨人戦は1勝2敗でもいい。その代わり、ホームのマツダ(広島)では負けないつもりでいく。2勝1敗以上がノルマ」

 今年「打倒巨人」を掲げる首位・広島の野村謙二郎監督(47)にはこんな構想があるという。さる球団関係者が明かした。東京ドームでは負け越してもいいなんて、ずいぶん控えめな目標ではある。それで巨人が倒せるのか。前出の関係者が続ける。

「狭くてボールが飛ぶ東京ドームではどうしたって空中戦になる。本塁打競争の打ち合いでは巨人には勝てない。仮にドームでウチに一発が出ても、選手には勘違いして欲しくない。だけど、マツダでは話は別。投手を中心にしっかり守る。足などを絡めながら中軸が仕事をする。1点を積み重ねて1点を守るカープの野球を貫ける。ホームで負けないつもりでいけば、巨人にも勝ち越せるという算段です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る