広島が狙う 本拠地マツダスタジアムでの“巨人潰し”大作戦

公開日: 更新日:

■1点を重ね1点を守る

「東京ドームでの巨人戦は1勝2敗でもいい。その代わり、ホームのマツダ(広島)では負けないつもりでいく。2勝1敗以上がノルマ」

 今年「打倒巨人」を掲げる首位・広島の野村謙二郎監督(47)にはこんな構想があるという。さる球団関係者が明かした。東京ドームでは負け越してもいいなんて、ずいぶん控えめな目標ではある。それで巨人が倒せるのか。前出の関係者が続ける。

「狭くてボールが飛ぶ東京ドームではどうしたって空中戦になる。本塁打競争の打ち合いでは巨人には勝てない。仮にドームでウチに一発が出ても、選手には勘違いして欲しくない。だけど、マツダでは話は別。投手を中心にしっかり守る。足などを絡めながら中軸が仕事をする。1点を積み重ねて1点を守るカープの野球を貫ける。ホームで負けないつもりでいけば、巨人にも勝ち越せるという算段です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る