日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堂々首位! スポーツ紙が書けない広島快進撃「3つの理由」

「チームを成長させる1勝。守りも含めて全てが良かった」

 27日の巨人戦、0-0の延長十一回にエルドレッドの3ランでサヨナラ勝ち。本拠地での巨人3連戦を勝ち越した野村謙二郎監督(47)は興奮気味にこう振り返った。

 これで5カード連続の勝ち越し。球団史上初の4月の月間16勝目を挙げた。18勝7敗で貯金11。堂々の首位を快走だ。いまだに「広島が春先に好調なのは珍しいことじゃない。どうせ5月に入ったら失速する」なんて声もあるが、広島OBで最多勝利と最優秀防御率のタイトルを持つ高橋里志氏はこう見る。

「まずはチーム防御率2.99のリーグ1位の投手力。開幕前は先発の大竹が抜けた穴を不安視する声もあった。それを今のところは新人の大瀬良と九里が埋めている(共に2勝1敗)。リリーフ陣にしても、勝ちパターンに巨人から移籍した一岡や中田といった若手投手がほぼ完璧の働きぶり。打線は首位打者の4番エルドレッドという軸が今年はある。不安は経験の浅い投手たちが1年を通じて働けるか。ただ、マエケン、野村、バリントンの先発3本柱は安定しているので、かつてのような大型連敗はないと見ている。先発4番手以降や救援陣の誰かが落ちてきた時に補えるかがカギ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事