日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワースト記録目前 元エース小林至氏の「東大野球部強化策」

 東大野球部の連敗記録が話題になっている。4月20日の春季リーグで慶大に2─13で敗れ、87年秋季リーグ戦から90年秋季にかけて東大がつくったワースト記録に並ぶ70連敗となった。東大が最後に勝ったのは10年秋、斎藤佑樹(現日本ハム)が先発した早大戦。あす3日の早大戦に負ければ71連敗で記録更新となる。

 自身も在学中に70連敗を経験。プロ(千葉ロッテ)に進んだ元エースの小林至氏(46=現ソフトバンク球団執行役員・江戸川大学社会学部教授)に東大野球部の強化策について聞いた。

■一般受験組の選手をリクルートするチャンス

 他大学選手との実力の違いは、高校野球が終わった後の過ごし方も大きい。東大に入るために机にかじりつくので、現役合格で半年、浪人すればさらに1年は野球から離れることになるのです。ただでさえ技術、体力などの素質面で他の5大学に劣るうえ、このハンディはデカイです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事