偏差値30台の女子高も一変 東大合格「新参校」躍進の秘密

公開日:  更新日:

 今月10日、前期の東大合格者が発表された。予想通り、開成、灘、麻布、桜蔭高校などの常連校の合格者が中心だったが、教育関係者が注目したのは、首都圏の“初東大生輩出校”だ。

 都立立川国際中等教育学校(受験サイトパスナビの偏差値58)、細田学園高校(同56)、広尾学園中高(同57)の3校である。

「立川国際は、都立北多摩高校を母体校として08年に開校しました。中高一貫で今年初めて一貫生が卒業し、東大生を誕生させました。埼玉の細田学園は高校のみ。創設時は裁縫学校で女子校でしたが、99年に共学化、教育改革をして、実績をあげているところです」(「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

 裁縫学校の華麗な転身だが、広尾学園も似ている。

「ここは07年まで順心女子学園という女子校でした。中学受験ブームが終わり、少子化の中、生き残り策として共学、進学校化したのです。立て直したのは塾の経営者だった大橋清貫氏で、学校再建のビジネスモデルになっています。立川国際も少子化による都立高校再編でつくられ、都教育委員会モデル校に選ばれている。3校に共通するのは、生き残りを懸けて再建に成功した学校ということでしょう」(教育ジャーナリストの小林哲夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る