• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東大「推薦入試」 合格までの高すぎるハードル

 受験シーズン真っ盛りの今、東大が新機軸を打ち出した。2016年度入試から2次試験の後期日程をやめ、推薦入試を始めるという。

 佐藤慎一副学長は29日、「従来型の入試では取れない、自分の問題意識を明確に持って追求するような卓越した能力を持つ学生を受け入れて、それを伸ばしたい」と語っている。

 難しいペーパー試験なしで、最高学府に入学できる可能性があるなら、「ウチの息子だって」と期待する親もいるかもしれないが、甘い。

■応募できるのは事実上、常連校学年トップのみ

 教育ジャーナリスト・小林哲夫氏が言う。

「『卓越した能力』を端的に解釈すると、数学や化学など国際科学オリンピックのメダリストのこと。このレベルの学生は、東大をパスして、ハーバード大やMITなど海外の名門を目指す傾向がある。世界レベルの学生の海外流出を食い止め、東大に引き込むのが狙いのひとつ。メダル獲得は、教育学部を除く9学部が『卓越した能力』の例に挙げています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る