• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東大「推薦入試」 合格までの高すぎるハードル

 受験シーズン真っ盛りの今、東大が新機軸を打ち出した。2016年度入試から2次試験の後期日程をやめ、推薦入試を始めるという。

 佐藤慎一副学長は29日、「従来型の入試では取れない、自分の問題意識を明確に持って追求するような卓越した能力を持つ学生を受け入れて、それを伸ばしたい」と語っている。

 難しいペーパー試験なしで、最高学府に入学できる可能性があるなら、「ウチの息子だって」と期待する親もいるかもしれないが、甘い。

■応募できるのは事実上、常連校学年トップのみ

 教育ジャーナリスト・小林哲夫氏が言う。

「『卓越した能力』を端的に解釈すると、数学や化学など国際科学オリンピックのメダリストのこと。このレベルの学生は、東大をパスして、ハーバード大やMITなど海外の名門を目指す傾向がある。世界レベルの学生の海外流出を食い止め、東大に引き込むのが狙いのひとつ。メダル獲得は、教育学部を除く9学部が『卓越した能力』の例に挙げています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る