東大「推薦入試」 合格までの高すぎるハードル

公開日:  更新日:

 受験シーズン真っ盛りの今、東大が新機軸を打ち出した。2016年度入試から2次試験の後期日程をやめ、推薦入試を始めるという。

 佐藤慎一副学長は29日、「従来型の入試では取れない、自分の問題意識を明確に持って追求するような卓越した能力を持つ学生を受け入れて、それを伸ばしたい」と語っている。

 難しいペーパー試験なしで、最高学府に入学できる可能性があるなら、「ウチの息子だって」と期待する親もいるかもしれないが、甘い。

■応募できるのは事実上、常連校学年トップのみ

 教育ジャーナリスト・小林哲夫氏が言う。

「『卓越した能力』を端的に解釈すると、数学や化学など国際科学オリンピックのメダリストのこと。このレベルの学生は、東大をパスして、ハーバード大やMITなど海外の名門を目指す傾向がある。世界レベルの学生の海外流出を食い止め、東大に引き込むのが狙いのひとつ。メダル獲得は、教育学部を除く9学部が『卓越した能力』の例に挙げています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る