黒星先行も織り込み済み ヤ軍黒田が漂わすベテランの余裕

公開日:  更新日:

 ヤンキース・黒田博樹(39)が試練に立たされている。今季は左腕サバシアとともにローテーションの軸を任されながら、ここまで7試合に登板して2勝3敗、防御率4.43。依然として打線の援護にも恵まれないとはいえ、シーズン序盤から黒星が先行している。

 今季、不調なのは持ち球のひとつであるスライダーの制球が安定せず、カウントを稼げないのが原因だ。マウンド上で試行錯誤を繰り返し、「いつか流れが良くなると信じてやるしかない」と話しているが、実は今季でメジャー7年目を迎えるベテラン右腕にとっては、全てが織り込み済みだという。

■昨季は戦犯扱いも…

 ドジャース時代も含めて過去6年間は序盤に好スタートを切りながら、シーズン中盤に息切れすることは珍しくなかった。実際、昨季は7月までに10勝(6敗)をマーク。一時はレンジャーズ・ダルビッシュ、マリナーズ・岩隈と並んでサイ・ヤング賞候補に挙げられながら、8月12日のエンゼルス戦で11勝目をマークしたのを最後に8試合連続で白星がないままシーズンを終えた。地元メディアではポストシーズン進出を逃した戦犯のひとりとして指摘されたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る