黒星先行も織り込み済み ヤ軍黒田が漂わすベテランの余裕

公開日: 更新日:

 ヤンキース・黒田博樹(39)が試練に立たされている。今季は左腕サバシアとともにローテーションの軸を任されながら、ここまで7試合に登板して2勝3敗、防御率4.43。依然として打線の援護にも恵まれないとはいえ、シーズン序盤から黒星が先行している。

 今季、不調なのは持ち球のひとつであるスライダーの制球が安定せず、カウントを稼げないのが原因だ。マウンド上で試行錯誤を繰り返し、「いつか流れが良くなると信じてやるしかない」と話しているが、実は今季でメジャー7年目を迎えるベテラン右腕にとっては、全てが織り込み済みだという。

■昨季は戦犯扱いも…

 ドジャース時代も含めて過去6年間は序盤に好スタートを切りながら、シーズン中盤に息切れすることは珍しくなかった。実際、昨季は7月までに10勝(6敗)をマーク。一時はレンジャーズ・ダルビッシュ、マリナーズ・岩隈と並んでサイ・ヤング賞候補に挙げられながら、8月12日のエンゼルス戦で11勝目をマークしたのを最後に8試合連続で白星がないままシーズンを終えた。地元メディアではポストシーズン進出を逃した戦犯のひとりとして指摘されたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る