日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍黒田が4失点で3敗目…先発2番手の座も危うし

 ヤンキース・黒田博樹(39)にとっては苦しいシーズンになりかねない。

 1日(日本時間2日)のマリナーズ戦に登板。6回7安打4失点、1四球、7奪三振で今季3敗目(2勝)を喫した。立ち上がりから苦しい投球が続き、四回までは毎回のように出塁を許した。1-2で迎えた四回、四球と3長短打で2点を追加された。変化球のキレはなく、終始、険しい表情を見せるなど、マウンド上で苛立ちを隠さなかった。自己ワーストの月間防御率5.28を記録した4月から、依然として復調の兆しすら見えていない。

 黒田はここまでの投球を振り返って「変化球のキレも精度もない。追い込んでからの決め球がないから苦しい投球が続いている」と自己分析している。

 日頃から節制し、対戦相手の研究も怠らないだけに、単なる不調とは考えにくい。年齢的な衰えを指摘する声もあるが、不振が長引けば、先発2番手の立場も危うくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事