• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

気持ち入らず3敗目…OBも心配する阪神・能見“心のしこり”

「“しこり”は大きいんじゃないですか」

 ネット裏に陣取るある球団の007が、9日の巨人戦に先発した能見についてこう言った。五回2死まで無安打投球だったエースが突然崩れた。六回に1点を失うと七回には3失点。7回4失点でマウンドを降りた。「1失点で止めたかった」と唇を噛んだ能見だが、前回登板のヤクルト戦(3日)でも七回まで1失点と好投しながら、八回に4点を奪われ敗戦投手になっている。

「好投から一転、終盤に崩れるのは、スタミナ不足よりも、精神面が影響しているのでは」とは、阪神OBの福間納氏(評論家)。そして冒頭のスコアラーは、「昨年から続く球団への不信感が本来の粘り腰の投球ができない一因になっているのかもしれない」と、こう続けた。

■粘れない投球の裏に何が?

「本来能見はスタミナもあるし、昨季のQS(クオリティースタート)率(6回3失点以内)は80%と高い。走者が得点圏にいてもアッサリ打たれない。粘りの投球ができる投手です。それが今年は一気に崩れることが多く、どこか気持ちが入っていない印象です。昨年、広島とのCSファーストステージで先発できず、オフの契約更改では今年国内FA権(8年)を取得するにもかかわらず単年で契約。本人が『複数年の提示はなかった』と話していた。今オフはFA移籍も噂され、モチベーションは決して高くないとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る