気持ち入らず3敗目…OBも心配する阪神・能見“心のしこり”

公開日: 更新日:

「“しこり”は大きいんじゃないですか」

 ネット裏に陣取るある球団の007が、9日の巨人戦に先発した能見についてこう言った。五回2死まで無安打投球だったエースが突然崩れた。六回に1点を失うと七回には3失点。7回4失点でマウンドを降りた。「1失点で止めたかった」と唇を噛んだ能見だが、前回登板のヤクルト戦(3日)でも七回まで1失点と好投しながら、八回に4点を奪われ敗戦投手になっている。

「好投から一転、終盤に崩れるのは、スタミナ不足よりも、精神面が影響しているのでは」とは、阪神OBの福間納氏(評論家)。そして冒頭のスコアラーは、「昨年から続く球団への不信感が本来の粘り腰の投球ができない一因になっているのかもしれない」と、こう続けた。

■粘れない投球の裏に何が?

「本来能見はスタミナもあるし、昨季のQS(クオリティースタート)率(6回3失点以内)は80%と高い。走者が得点圏にいてもアッサリ打たれない。粘りの投球ができる投手です。それが今年は一気に崩れることが多く、どこか気持ちが入っていない印象です。昨年、広島とのCSファーストステージで先発できず、オフの契約更改では今年国内FA権(8年)を取得するにもかかわらず単年で契約。本人が『複数年の提示はなかった』と話していた。今オフはFA移籍も噂され、モチベーションは決して高くないとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る