「サムスンよりいい」 阪神・呉昇桓が漏らしたワケ

公開日:  更新日:

 韓国選手のパチンコ好きは有名だが、阪神の新守護神・呉昇桓(オスンフアン)(31=韓国サムスン)も例外ではない。

 今年の沖縄キャンプでは、練習が終わると宿舎からタクシーに乗って、ファストフード店でササッと食事を済ませパチンコ店へ直行という日が珍しくなかった。
 古巣のサムスンも阪神と同じ恩納村でキャンプをやっているから、呉昇桓は周辺のパチンコ店に詳しい。

「韓国は決められた時間に選手は全員揃って食事をしなければならないけど、阪神は外食もOKだからいいよ」と韓国の記者に漏らしていたそうだ。その際、「今年は読谷の方の店で随分儲けた」と語っていたという。

 呉昇桓は西岡と仲がよく、キャンプやオープン戦のときも一緒に出かけたりしていた
 その西岡は3月の巨人戦で同僚の福留と激突、大ケガして長期離脱となった。開幕直後に相棒がいなくなり、時間を見つけてはパチンコ屋でひとりジャラジャラやっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る