早くもG戦2勝目 阪神メッセが巨人相手に鼻息荒い理由

公開日: 更新日:

巨人戦になると鼻息が荒いんだよ」

 11日の巨人戦で今季2度目の完封勝利を挙げた阪神のメッセンジャーについて、チーム関係者がこう言った。

 4連敗で迎えたこの日、メッセは巨人打線からゴロの山を築いた。4安打に封じ込め、巨人菅野との投げ合いを制して3勝目。今季は3勝4敗、防御率3.17と負けが先行している一方、巨人に対しては3試合に先発して2勝をマーク。防御率も1.17と抜群の安定感を誇っている。キャンプ前に来日したメッセは、巨人戦について「昨季、巨人戦の先発はゼロだった。見ているだけじゃ、つまらない」と、並々ならぬ意欲を見せていた。有言実行である。

「インセンティブの存在が大きいのかもしれない」とは、阪神OBだ。

「メッセは昨オフ、阪神とメジャーをてんびんにかけて、2年総額5億円で阪神と再契約した。メッセは当初、年俸3億円で3年程度の複数年契約を望んでいたようだが、阪神は基本給を抑えたかった。3年目は球団によるオプション契約となり、その分、勝利数、イニング数、タイトル獲得などの項目で手厚い出来高が盛り込まれているらしい。特に優勝争いの最大のライバルである巨人戦の成績も、出来高に加味されている可能性はある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る