• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やっと一軍デビューも…阪神の“ゴメス問題”はいまだ未解決

「まだわからんけどな……」

 阪神の新助っ人マウロ・ゴメス(29=ナショナルズ3A)の打撃を見て、ヤクルト関係者がこう言った。

 右ひざ裏痛で調整が遅れていたゴメスは、18日のヤクルトとの練習試合で一軍デビュー。打撃練習では前日同様、鋭い打球をポンポンとスタンドに放り込み、右方向へも長打を連発。ところが、「4番・一塁」で先発出場すると、三塁と遊撃への内野安打に遊ゴロ。3打席でヒット2本も「らしさ」は見えなかった。

■好調の新井はベンチか?

 前出の関係者が言う。

「昨年はマイナーとはいえ29本(塁打)だろ。確かにパワーはある。練習での、あの打球を見たら調整遅れでも4番で使いたくなるよね。フォームに癖はないし、引っ張り専門でもない。実戦が少ないからタイミング取りに苦労しているようだけど、変化球に対応できればかなり打つかもしれんね。それにしても、大きなお世話といわれそうだが、新井貴のことが気になるね。ゴメスが結果を残さないまま『4番・一塁』で開幕スタメンに入れば、オープン戦好調の新井はおそらくベンチ。腐るだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る