やっと一軍デビューも…阪神の“ゴメス問題”はいまだ未解決

公開日:  更新日:

「まだわからんけどな……」

 阪神の新助っ人マウロ・ゴメス(29=ナショナルズ3A)の打撃を見て、ヤクルト関係者がこう言った。

 右ひざ裏痛で調整が遅れていたゴメスは、18日のヤクルトとの練習試合で一軍デビュー。打撃練習では前日同様、鋭い打球をポンポンとスタンドに放り込み、右方向へも長打を連発。ところが、「4番・一塁」で先発出場すると、三塁と遊撃への内野安打に遊ゴロ。3打席でヒット2本も「らしさ」は見えなかった。

■好調の新井はベンチか?

 前出の関係者が言う。

「昨年はマイナーとはいえ29本(塁打)だろ。確かにパワーはある。練習での、あの打球を見たら調整遅れでも4番で使いたくなるよね。フォームに癖はないし、引っ張り専門でもない。実戦が少ないからタイミング取りに苦労しているようだけど、変化球に対応できればかなり打つかもしれんね。それにしても、大きなお世話といわれそうだが、新井貴のことが気になるね。ゴメスが結果を残さないまま『4番・一塁』で開幕スタメンに入れば、オープン戦好調の新井はおそらくベンチ。腐るだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る