OBも惚れ込んだ “韓流助っ人”阪神・呉昇桓の意外な素顔

公開日:  更新日:

「普段投げている時の表情とは全然違って、にこやかな笑顔を振りまいていました」
 阪神の新助っ人・呉昇桓(31=韓国サムスン)についてこう言うのは、去る1日、大阪・舞洲の球場に居合わせたファンのひとりだ。

 実はこの日、あるイベントが開催されていた。韓国の人気俳優アン・ジェウク(42)率いる草野球チームと、元阪神監督の安藤統男氏(74)が率いる阪神OBチームとの試合である。以前、女子野球選手の吉田えり(22)が参加して話題になったこのイベントに、「特別ゲスト」として登場したのがアン・ジェウクと旧知の関係にある呉だった。試合に参加した関係者が言う。

「いきなり呉が来たからビックリしたわ(笑い)。『キャンプで阪神の先輩たちに、きちんと挨拶ができなかったから』と言って、チーム練習が終わったその足で舞洲まで来たみたい。日本語で『よろしくお願いします』と挨拶してくれて。『少しずつ日本語を覚えていきたい』とも言っていたね。『せっかくやから投げてくれ』と“ムチャぶり”もされとったけど、マウンドでのクールな表情とは違って、笑顔を見せていたわ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る