日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左ひじは下を向けて左わきをあけない

フックグリップは左手首だけ回す

 スライス防止には左手をかぶせたストロンググリップがよいと昔からいわれている。しかし左手をかぶせてグリップすれば誰でもスライスを防げるのかというと、決してそんなことはない。左手をかぶせることを日本ではフックグリップと言っているけれど、逆にスライスすることだってある。

「左手をかぶせ過ぎて左ひじを外側に向けて構えると左ひじが浮いて左わきもあいてしまう。左手をかぶせるとグリップの位置が左に出てハンドファーストになる人が多い。そうするとフォロースルーで左ひじが引けるのでインパクトでフェースが開いて当たり、かえってスライスする」

 昔、金井清一プロを取材したときに、そう言われたことがある。左手をかぶせてグリップしてもスライスが直らないという人はぜひチェックしてみる必要がある。

「アドレスしたとき、左手の人さし指と中指の2つのナックルが見えるぐらいがよい。左手をかぶせてグリップするときは左手首だけを右に回し、左ひじは外に向けないようにして下に向け、左わきもあけずに体につけて構える」(金井)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事