菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左ひじは下を向けて左わきをあけない

公開日: 更新日:

フックグリップは左手首だけ回す

 スライス防止には左手をかぶせたストロンググリップがよいと昔からいわれている。しかし左手をかぶせてグリップすれば誰でもスライスを防げるのかというと、決してそんなことはない。左手をかぶせることを日本ではフックグリップと言っているけれど、逆にスライスすることだってある。

「左手をかぶせ過ぎて左ひじを外側に向けて構えると左ひじが浮いて左わきもあいてしまう。左手をかぶせるとグリップの位置が左に出てハンドファーストになる人が多い。そうするとフォロースルーで左ひじが引けるのでインパクトでフェースが開いて当たり、かえってスライスする」

 昔、金井清一プロを取材したときに、そう言われたことがある。左手をかぶせてグリップしてもスライスが直らないという人はぜひチェックしてみる必要がある。

「アドレスしたとき、左手の人さし指と中指の2つのナックルが見えるぐらいがよい。左手をかぶせてグリップするときは左手首だけを右に回し、左ひじは外に向けないようにして下に向け、左わきもあけずに体につけて構える」(金井)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る