菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左ひじは下を向けて左わきをあけない

公開日:  更新日:

フックグリップは左手首だけ回す

 スライス防止には左手をかぶせたストロンググリップがよいと昔からいわれている。しかし左手をかぶせてグリップすれば誰でもスライスを防げるのかというと、決してそんなことはない。左手をかぶせることを日本ではフックグリップと言っているけれど、逆にスライスすることだってある。

「左手をかぶせ過ぎて左ひじを外側に向けて構えると左ひじが浮いて左わきもあいてしまう。左手をかぶせるとグリップの位置が左に出てハンドファーストになる人が多い。そうするとフォロースルーで左ひじが引けるのでインパクトでフェースが開いて当たり、かえってスライスする」

 昔、金井清一プロを取材したときに、そう言われたことがある。左手をかぶせてグリップしてもスライスが直らないという人はぜひチェックしてみる必要がある。

「アドレスしたとき、左手の人さし指と中指の2つのナックルが見えるぐらいがよい。左手をかぶせてグリップするときは左手首だけを右に回し、左ひじは外に向けないようにして下に向け、左わきもあけずに体につけて構える」(金井)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る