• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・原監督の“配置転換” 打撃コーチ陣にも恐怖の連鎖?

連勝も打撃陣にはまだまだ不満

 コーチ陣は気が気じゃないだろう。さる巨人関係者が、こう声を潜めるのだ。

「ピリッとしない投手陣に業を煮やした原監督が20日、村田打撃コーチをバッテリー担当兼務に配置転換して、吉原コーチとの2人態勢にしたでしょ。原監督は今年、レギュラーを『夏までに固定できれば』と言っていて、打順をコロコロと変えている。その方針はコーチ陣にも適用されるのか、と動揺が広がっている。監督は、投手陣だけでなく、打撃面にも大いに不満を持っているからね。次はそっち、という可能性はある」

 21日の西武戦に勝って2連勝。九回に3点を取って試合をひっくり返したとはいえ、八回までは再三の好機を潰しまくった。

 一、三、四、五、八回といずれもスコアリングポジションに走者を置きながら、得点は初回のロペスの適時打による1点だけ。計8個の四球をもらいながら、13残塁の拙攻で西武投手陣をとらえ切れなかった。逆転した九回にしても、西武のマズイ守備に助けられただけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る