• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・原監督の“配置転換” 打撃コーチ陣にも恐怖の連鎖?

連勝も打撃陣にはまだまだ不満

 コーチ陣は気が気じゃないだろう。さる巨人関係者が、こう声を潜めるのだ。

「ピリッとしない投手陣に業を煮やした原監督が20日、村田打撃コーチをバッテリー担当兼務に配置転換して、吉原コーチとの2人態勢にしたでしょ。原監督は今年、レギュラーを『夏までに固定できれば』と言っていて、打順をコロコロと変えている。その方針はコーチ陣にも適用されるのか、と動揺が広がっている。監督は、投手陣だけでなく、打撃面にも大いに不満を持っているからね。次はそっち、という可能性はある」

 21日の西武戦に勝って2連勝。九回に3点を取って試合をひっくり返したとはいえ、八回までは再三の好機を潰しまくった。

 一、三、四、五、八回といずれもスコアリングポジションに走者を置きながら、得点は初回のロペスの適時打による1点だけ。計8個の四球をもらいながら、13残塁の拙攻で西武投手陣をとらえ切れなかった。逆転した九回にしても、西武のマズイ守備に助けられただけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る