巨人・原監督の“配置転換” 打撃コーチ陣にも恐怖の連鎖?

公開日:  更新日:

連勝も打撃陣にはまだまだ不満

 コーチ陣は気が気じゃないだろう。さる巨人関係者が、こう声を潜めるのだ。

「ピリッとしない投手陣に業を煮やした原監督が20日、村田打撃コーチをバッテリー担当兼務に配置転換して、吉原コーチとの2人態勢にしたでしょ。原監督は今年、レギュラーを『夏までに固定できれば』と言っていて、打順をコロコロと変えている。その方針はコーチ陣にも適用されるのか、と動揺が広がっている。監督は、投手陣だけでなく、打撃面にも大いに不満を持っているからね。次はそっち、という可能性はある」

 21日の西武戦に勝って2連勝。九回に3点を取って試合をひっくり返したとはいえ、八回までは再三の好機を潰しまくった。

 一、三、四、五、八回といずれもスコアリングポジションに走者を置きながら、得点は初回のロペスの適時打による1点だけ。計8個の四球をもらいながら、13残塁の拙攻で西武投手陣をとらえ切れなかった。逆転した九回にしても、西武のマズイ守備に助けられただけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る