巨人・原監督の“配置転換” 打撃コーチ陣にも恐怖の連鎖?

公開日:  更新日:

連勝も打撃陣にはまだまだ不満

 コーチ陣は気が気じゃないだろう。さる巨人関係者が、こう声を潜めるのだ。

「ピリッとしない投手陣に業を煮やした原監督が20日、村田打撃コーチをバッテリー担当兼務に配置転換して、吉原コーチとの2人態勢にしたでしょ。原監督は今年、レギュラーを『夏までに固定できれば』と言っていて、打順をコロコロと変えている。その方針はコーチ陣にも適用されるのか、と動揺が広がっている。監督は、投手陣だけでなく、打撃面にも大いに不満を持っているからね。次はそっち、という可能性はある」

 21日の西武戦に勝って2連勝。九回に3点を取って試合をひっくり返したとはいえ、八回までは再三の好機を潰しまくった。

 一、三、四、五、八回といずれもスコアリングポジションに走者を置きながら、得点は初回のロペスの適時打による1点だけ。計8個の四球をもらいながら、13残塁の拙攻で西武投手陣をとらえ切れなかった。逆転した九回にしても、西武のマズイ守備に助けられただけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る