迷走の巨人 2軍の沢村&亀井を交流戦の“起爆剤”に期待

公開日:  更新日:

 今春キャンプのこと。宮崎へやってきた古手のOBに選手の状態、今季の展望を機嫌よく語っていた原監督が突然、押し黙ったのは「沢村はどうなの? 今年は先発一本でやらせるという話だけど」と振られたときだった。急に視線を外した指揮官は、「沢村ねえ」と言ったきり、何度も首をかしげながら、その後は生返事を繰り返すばかりになったという。

「沢村はキャンプ2日目に右肩の違和感を訴え、二軍落ち。そういう状況だったとはいえ、『故障が癒えれば? どうですかねえ』と終始、そんな感じだった。内海、杉内に菅野が成長し、広島から大竹、助っ人のセドンが加わった先発陣の中で沢村は、仮に万全でも若手の宮国、今村より下の期待なんだなと感じた」

 とは、話を聞いた古手OB。それから3カ月、原監督はいまだに二軍調整を続けている沢村を交流戦での起爆剤に期待しているというから、手の打ちようがないチーム状態だということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る