迷走の巨人 2軍の沢村&亀井を交流戦の“起爆剤”に期待

公開日:  更新日:

 今春キャンプのこと。宮崎へやってきた古手のOBに選手の状態、今季の展望を機嫌よく語っていた原監督が突然、押し黙ったのは「沢村はどうなの? 今年は先発一本でやらせるという話だけど」と振られたときだった。急に視線を外した指揮官は、「沢村ねえ」と言ったきり、何度も首をかしげながら、その後は生返事を繰り返すばかりになったという。

「沢村はキャンプ2日目に右肩の違和感を訴え、二軍落ち。そういう状況だったとはいえ、『故障が癒えれば? どうですかねえ』と終始、そんな感じだった。内海、杉内に菅野が成長し、広島から大竹、助っ人のセドンが加わった先発陣の中で沢村は、仮に万全でも若手の宮国、今村より下の期待なんだなと感じた」

 とは、話を聞いた古手OB。それから3カ月、原監督はいまだに二軍調整を続けている沢村を交流戦での起爆剤に期待しているというから、手の打ちようがないチーム状態だということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る