• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迷走の巨人 2軍の沢村&亀井を交流戦の“起爆剤”に期待

 今春キャンプのこと。宮崎へやってきた古手のOBに選手の状態、今季の展望を機嫌よく語っていた原監督が突然、押し黙ったのは「沢村はどうなの? 今年は先発一本でやらせるという話だけど」と振られたときだった。急に視線を外した指揮官は、「沢村ねえ」と言ったきり、何度も首をかしげながら、その後は生返事を繰り返すばかりになったという。

「沢村はキャンプ2日目に右肩の違和感を訴え、二軍落ち。そういう状況だったとはいえ、『故障が癒えれば? どうですかねえ』と終始、そんな感じだった。内海、杉内に菅野が成長し、広島から大竹、助っ人のセドンが加わった先発陣の中で沢村は、仮に万全でも若手の宮国、今村より下の期待なんだなと感じた」

 とは、話を聞いた古手OB。それから3カ月、原監督はいまだに二軍調整を続けている沢村を交流戦での起爆剤に期待しているというから、手の打ちようがないチーム状態だということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る