• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迷走の巨人 2軍の沢村&亀井を交流戦の“起爆剤”に期待

 今春キャンプのこと。宮崎へやってきた古手のOBに選手の状態、今季の展望を機嫌よく語っていた原監督が突然、押し黙ったのは「沢村はどうなの? 今年は先発一本でやらせるという話だけど」と振られたときだった。急に視線を外した指揮官は、「沢村ねえ」と言ったきり、何度も首をかしげながら、その後は生返事を繰り返すばかりになったという。

「沢村はキャンプ2日目に右肩の違和感を訴え、二軍落ち。そういう状況だったとはいえ、『故障が癒えれば? どうですかねえ』と終始、そんな感じだった。内海、杉内に菅野が成長し、広島から大竹、助っ人のセドンが加わった先発陣の中で沢村は、仮に万全でも若手の宮国、今村より下の期待なんだなと感じた」

 とは、話を聞いた古手OB。それから3カ月、原監督はいまだに二軍調整を続けている沢村を交流戦での起爆剤に期待しているというから、手の打ちようがないチーム状態だということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る