6試合で77安打45失点…巨人投手陣はなぜ“壊れた”のか

公開日: 更新日:

キューバからまたぞろ緊急補強なんて声も出始めたが…

 数字を並べてみれば、よく分かる。

 18日の試合で広島に3-10と大敗した巨人。ここ6試合で投手陣は実に45点を奪われた。1試合平均7.5失点。77本のヒットを浴び、25個の四死球を与えて、12本の本塁打を許した。先発投手が6回以上を投げ切ったのは、16日の内海と17日の菅野だけ。この日のセドンは初回に菊池に2ランを浴びると、3回5失点でKOされた。6試合で延べ21投手が登板したリリーフ陣への負担が増し、そんな彼らが失点を重ねる悪循環。4番手の笠原は六回に先頭打者の投手・バリントンに四球を与えたのをきっかけに満塁のピンチを招き、4番のエルドレッドにこの日2本目のアーチとなるグランドスラムを放り込まれた。これじゃあ、勝てるわけがない。

 20日から始まる交流戦前の2カードを1勝5敗と大きく負け越した原監督は試合後、静かに口を開いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る