6試合で77安打45失点…巨人投手陣はなぜ“壊れた”のか

公開日:  更新日:

キューバからまたぞろ緊急補強なんて声も出始めたが…

 数字を並べてみれば、よく分かる。

 18日の試合で広島に3-10と大敗した巨人。ここ6試合で投手陣は実に45点を奪われた。1試合平均7.5失点。77本のヒットを浴び、25個の四死球を与えて、12本の本塁打を許した。先発投手が6回以上を投げ切ったのは、16日の内海と17日の菅野だけ。この日のセドンは初回に菊池に2ランを浴びると、3回5失点でKOされた。6試合で延べ21投手が登板したリリーフ陣への負担が増し、そんな彼らが失点を重ねる悪循環。4番手の笠原は六回に先頭打者の投手・バリントンに四球を与えたのをきっかけに満塁のピンチを招き、4番のエルドレッドにこの日2本目のアーチとなるグランドスラムを放り込まれた。これじゃあ、勝てるわけがない。

 20日から始まる交流戦前の2カードを1勝5敗と大きく負け越した原監督は試合後、静かに口を開いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る